Junko Oshida Weblog

アクセスカウンタ

zoom RSS 醸成必要「みないふり」

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

みないふり        作詞:押田 純子


道行く人は見ないふり・・・


手出さず
     声かけず
          通り過ぎ・・・


うつむく人に気づかなかった・・・
          気づかなかった事にしてしまえ・・・・


何も見なかった
見えなかった
聞こえなかった
感じなかった


そして、最後は
「居なかった」

うつむく人は「居なかった」
存在すら消し去れる



他人の存在潰しては・・・
自分の利となれ、山となれ

他人の困惑横目で見つめ・・・
口角あげてほくそえむ


無駄なプライド振り回し
    井の中の蛙を演じてる



弱肉強食と忠告した筈が


自分が「肉」だと気がつき始め

時すでに遅かった事に

今、理解したのか・・・気づいたのか・・・

        



泣いて
    叫んで
        許してくれと
               懇願すれども




道行く人は見ないふり・・・


見ないふり・・・


*著作権は放棄しません。無断転用・引用禁止します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ドラえもんグッズの【石ころ帽子】の
エピソードがよぎった。

なんでかな・・・・
とと
2007/10/05 23:43
ととさん♪
こんにちは^^
石ころ帽子は「皆にみられたくない為にかぶる」のですよね。
この「みないふり」は、私はまったくの第三者としての観点で書きました。
苦しんでいる人を助けてあげる余裕すらなく、それを踏み台にして登る人、もしくは誰かが苦しんでいるのを「楽しんでみている」そんな人が増えている事を悲しく思いつくった詞です。
しかし、最終的にはその苦しみが自分に帰ってくる。帰ってきた苦しみの大きさを味わっても、また「みないふり」を繰り返して生きていく人達・・・。
助け合い自体、薄れて行っているような世の中になってしまった事があまりにも寂しいです。
純子
2007/10/06 14:45
こんにちは。
久々に(ごめんなさい)きたら…??思わず画面の更新とかしてみちゃいました(苦笑)

確かに、見過ごす事も多々あるけれど、逆に段々見過ごせなくなっている自分も居たりして。

変えたいルール
誰かが と 誰もが思う
でも本当は皆知っているんだ
自分が誰かになった方が
早いんだってことを

思い切りというか、ふんぎりの問題で。
何が最優先で、何を後回しに出来るのかってう、自分との対話ですね。
なるみ
2007/10/06 16:10
なるみさん♪
こんばんは〜^^
うふふふ・・・ごめんなさい。
何が書いてあるかわからなかったでしょ。(笑

>逆に段々見過ごせなくなっている自分も居たりして
そう・・・人生経験がそうさせるのかな・・??とも考えたりしています。
凄く辛い時に、一人でも肩を叩いて声をかけてあげる・・・その一つの行動だけが支えになったりするよね。
それが出来る人間になりたいなと思うの。

以前にね・・・ボランティアで歌を歌いたいとある人に伝えたら「偽善者」とその人は私に言っていたけど、純子はそうは思わない。
その一つの行動で、何かを伝えて何かを感じてもらえるかもしれない。
その気持ちって、凄く大事だとも思う・・・。
純子
2007/10/07 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
醸成必要「みないふり」 Junko Oshida Weblog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる